第19回欧州高血圧学会(ESH2009、6月12〜16日、イタリア・ミラノ)で、参加者の関心が最も集まったのは、この秋に見直しが始まるESH/ESC(欧州心臓病学会)の高血圧診療ガイドラインに対し、ESHがどのような見直し案を出すかだった。ガイドラインの改訂骨子を説明するPlenary Sessionの会場となったAuditoriumは、最新の臨床試験の結果が報告されるLate Breaker Sessionよりはるかに多い聴衆で埋め尽くされた。

ESH/ESCの高血圧診療ガイドライン、わずか2年で見直しへの画像

ログインして全文を読む