レニン・アンジオテンシン(RA)系抑制薬であるACE阻害薬とアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)は、高血圧および腎障害を伴う2型糖尿病患者に対する第1選択薬だが、末梢神経障害を合併する患者への効果はまだ明らかでない。弘前大臨床検査医学准教授の杉本一博氏らは、ZDF(Zucker Diabetic Fatty)ラットにARBのオルメサルタンを投与したところ、神経伝導速度の回復が認められたと、第52回日本糖尿病学会年次学術集会(5月21〜24日、大阪市)で発表した。

ARBが末梢神経障害の進行を抑制する可能性の画像

ログインして全文を読む