直接的レニン阻害薬(DRI:Direct Renin Inhibitor)アリスキレンは、治療開始前の血漿レニン活性(PRA)値にかかわらず、優れた降圧作用を示すことが明らかになった。800例超の高血圧患者を対象にした臨床試験のサブ解析結果で、アイスランドLandspitali大学病院のKarl Anderson 氏らが、5月6日から9日にサンフランシスコで開催された第24回米国高血圧学会(ASH2009)で報告した。

アリスキレンの降圧は治療前血漿レニン活性の影響受けずの画像

ログインして全文を読む