武田薬品工業は5月14日、米国子会社である武田グローバル研究開発センターが、2型糖尿病治療薬ピオグリタゾンとメトホルミン徐放製剤の合剤(米国での商品名 ACTOplus met XR)について、米食品医薬品局(FDA)より販売許可を取得したと発表した。発売は今年後半になる見込み。

ログインして全文を読む