第58回米国心臓学会(ACC2009)のLBCT(Late Breaking Clinical Trials)4では、急性心筋梗塞(AMI)に関する臨床研究の結果が報告されたが、治療方針に影響を及ぼす可能性のある報告はなく、心筋梗塞治療の進展は足踏み状態が続いている。

エリスロポエチンは心筋梗塞後の心機能を改善せずの画像

ログインして全文を読む