心不全治療に関する臨床試験結果が集まった第58回米国心臓学会(ACC2009)のLate Breaking Clinical Trials 1のセッションでは、1次エンドポイントで有意差が認められなかったとの報告が相次いだ。

心不全治療に関するLBCT、めぼしい成果なしの画像

ログインして全文を読む