高血圧患者の加齢に伴う大動脈径、脈圧および脈波反射の変化と、心肥大の指標である左室重量係数(LVMI)との関連を調べたところ、大動脈径および脈圧とLVMIとの間にはそれぞれ独立した関連が見られたが、脈波反射とLVMIとの間には関連は認められなかった。高齢の高血圧患者における左室リモデリングの機序解明の一助になる知見といえる。

加齢に伴う高血圧患者の心肥大に脈波反射は関連しないの画像

ログインして全文を読む