武田薬品工業は3月30日、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)のカンデサルタンシ(商品名ブロプレス)と、Ca拮抗薬のアムロジピン(アムロジン、ノルバスクほか)の配合剤について、厚生労働省に製造販売承認申請を行ったと発表した。ARBとCa拮抗薬の配合剤が承認申請されるのは、2008年12月の第一三共による申請に続き2剤目。剤形や配合量など詳細は不明だが、同社が発表している2009年3月期の決算短信によると、配合比率の異なる2種類の製剤がある模様だ。

ログインして全文を読む