循環器疾患のリスクは、一般に危険因子の集積数が多いほど高くなる。こうした傾向は肥満のない人、すなわちわが国ではメタボリックシンドロームに該当しない人でも認められるほか、耐糖能異常がある人は危険因子集積数にかかわらずリスクがきわめて高いという。

肥満なくても心血管リスクは危険因子数に応じて上昇の画像

ログインして全文を読む