米国を代表する循環器疫学研究であるフラミンガム研究(Framingham Heart Study;FHS)は、バイオベンチャーのBG Medicine社(米マサチューセッツ州)と協力し、心血管疾患のハイリスク者を同定できるバイオマーカーの開発・実用化に乗り出した。米NIHが3月12日、発表した。

ログインして全文を読む