脳卒中は米国でも死因の第3位となる疾患だけに、医療・健康上の解決すべき課題として常に新しい取り組みが行われている。米国脳卒中協会(ASA)主催のInternational Stroke Conference(ICS)2009で発表された先験的な臨床試験の中から、今後の実用化が期待される話題を拾った。

脳室内出血例へのtPA投与で予後が大幅に改善の画像

ログインして全文を読む