2000年のエドモントン・プロトコル発表以来、1型糖尿病への膵島移植治療は600例以上実施されているが、低い膵島移植率と複数回移植、5年後に10%まで落ちる長期インスリン離脱率の低さといったハードルはいまだ解決されておらず、世界中で試行錯誤が続けられている。

プロトコール改良で膵島移植の成績が劇的に向上の画像

ログインして全文を読む