尿中アンジオテンシノーゲン量が腎臓内のアンジオテンシノーゲン量とよく相関すること示された。この結果により、腎臓内のアンジオテンシンII(AII)量を推測することでAIIによる腎障害を進行前に評価できる可能性があり、現在、前向きの試験が進められている。

尿中アンジオテンシノーゲン測定は腎障害の早期検出に有効の画像

ログインして全文を読む