う歯や歯周病が、動脈硬化や心血管疾患の危険因子の1つになっているという指摘が増えている。歯周病の慢性感染症としての位置付けはいまだ十分に明らかになってはいないが、動脈硬化病変部や大動脈の血管内皮細胞に歯周病菌が存在していることは確認されており、歯周病菌が炎症性サイトカイン産生を促進する可能性も示唆されている。

ログインして全文を読む