AHA2008の最終日(11月12日)に、「王様の服はどんな服?―臨床試験からバイアスのないエビデンスを得るには―」というプレナリーセッションが行われた。昨今の臨床試験の大型化に伴い、製薬企業などへの資金依存度が高まり、研究者と出資企業との間で、試験の基本原則をどう位置付けるかが、大きな問題となっている。

ログインして全文を読む