毎年恒例のScience誌「今年の画期的研究(Breakthrough of the Year)」第1位に「細胞錬金術」として細胞初期化技術が選ばれました。もちろん、わが国の山中伸弥・京大教授のiPS細胞[1]にも言及されています[2]。

ログインして全文を読む