降圧薬の中でよく使われている銘柄について選択理由をたずねたところ、アーチストでは「臓器保護効果がある」と「QOLに好影響がある」が、ブロプレスでは「臓器保護効果がある」と「降圧効果が確実」が、特徴として浮かび上がった。日経メディカル オンラインが実施した「高血圧治療に関する調査2008‐2009」で明らかになった。

よく使われている降圧薬の選ばれる理由はの画像

ログインして全文を読む