我が国の冠動脈疾患患者を対象に、薬剤溶出ステントであるTAXUSステントとCypherステントを前向き無作為比較する試験「J-DESsERT」(Japan Drug Eluting Stents Evaluation;a Randomized Trial)(関連記事)。この試験の運営委員会のメンバーに試験の目的や意図を聞くArond the J-DESsERT。今回は東邦大学医療センター大橋病院循環器内科准教授の中村正人氏に、主要評価項目について聞いた。

「手技後8カ月間はフォローアップ造影しません」の画像

ログインして全文を読む