米国で冠動脈バイパス術(CABG)の成績が安定する年間手術件数の目安は150件。だが、東大大学院心臓外科教授の高本眞一氏らは、「日本では40件で成績が安定する」との研究結果を胸部外科で最も権威あるJ Thorac Cardiovasc Surg誌に発表、米国の心臓外科医を驚かせた。なぜ日本では少ない手術件数でも成績が安定するのか、高本氏に話を聞いた。

「日本のCABGは年間40件で成績が安定します」の画像

ログインして全文を読む