日本人の高コレステロール血症患者を対象に、心血管系疾患(CVD)に対するプラバスタチンの一次予防効果を検討したMEGA Study(Management of Elevated Cholesterol in the Primary Prevention Group of Adult Japanese)の事後解析の結果、プラバスタチン投与によるLDLコレステロール(LDL-C)/HDLコレステロール(HDL-C)比の低下とCVDイベントの減少との間には、有意な関連があることが明らかになった。

スタチン投与によるLDL/HDL比低下とイベント発生率に関連の画像

ログインして全文を読む