妊娠中に喫煙を続けていると、胎児の成長が抑制されることはよく知られているが、その機序の1つとして、喫煙妊婦では、胎児の血管内皮一酸化窒素合成酵素(eNOS)の活性が3割以上も低く、血管拡張能が低下して血流が減少し、胎児の成長を遅らせる可能性が示された。

妊娠中の喫煙は胎児のeNOSを低下させて発育を悪くするの画像

ログインして全文を読む