――運用を開始された連携パスの本当の目的は、開業医との連携とのことでした。現時点で、既に実際にクリニックの医師はかなり参加されているのですか。

「脳卒中診療の一部は内科です」の画像

ログインして全文を読む