常用量のアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)投与で十分な降圧効果が得られない場合、さらにARBを増量すべきかCa拮抗薬を追加すべきか――。第31回日本高血圧学会総会(10月9〜11日、札幌)で、ARBの増量とCa拮抗薬追加を直接比較した2つのポスター発表があった。Ca拮抗薬追加の方が降圧効果は高いという点で両演者の結論は一致。しかし特に対象が糖尿病患者の場合、ARB増量でもCa拮抗薬追加でも降圧目標の達成率は低く、いずれにしても「次の1手」を考える必要がありそうだ。

Ca拮抗薬の追加か、ARBの増量かの画像

ログインして全文を読む