慢性心不全患者の死亡や、心血管疾患による入院を防ぐ上で、魚油に多く含まれるn-3多価不飽和脂肪酸を日常的に摂取することは効果があるが、ロスバスタチンの投与の有効性は認められない――。イタリアで実施されたGISSI-HF試験の結果が、Hot Line セッションで発表された。

ログインして全文を読む