αβ遮断薬のカルベジロールとα1遮断薬のブナゾシンはいずれも、降圧効果に加えて本態性高血圧患者の血中酸化ストレスマーカーを減少させ、高分子型アディポネクチンを増加させる作用があることを、東北大腎高血圧内分泌科の佐藤文俊氏らが明らかにした。

カルベジロールとブナゾシンの抗・酸化ストレス作用の画像

ログインして全文を読む