アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)のオルメサルタン(OLM)は、同じくARBであるロサルタン(LOS)と少量の利尿薬を併用した場合と比べて、家庭血圧を指標とした降圧効果や空腹時血糖値の点で優れる傾向があるとの研究結果を、宮川内科小児科医院の宮川政昭氏が発表した。

ARB単剤投与と利尿薬併用の効果を家庭血圧で比較の画像

ログインして全文を読む