「カルテと紹介状で患者を転院させる仕組みに不便を感じていなかった。でも、開業医レベルで、ネットにつながったパソコンさえあれば、患者の脳卒中ヒストリーがパッと閲覧できる仕組みは非常に魅力的。それができれば、たとえ保険点数が取れなくなっても、続けられるパスになると思った(倉敷中央病院・鳴海治氏)。

保険点数ゼロでも続けられる連携パスをの画像

ログインして全文を読む