左冠動脈主幹部病変と3枝病変を対象に、冠動脈バイパス手術(CABG)に対する薬剤溶出ステント(DES)の非劣性を証明するSYNTAX(Synergy between Percutaneous Coronary Intervention with TAXUS and Cardiac Surgery)試験の1年目のデータで、DESの非劣性は証明されなかった。近年、CABGは低侵襲のPCIに押され気味だが、多枝冠動脈病変というハイリスク患者については、第1選択の治療法に踏みとどまった。

CABGに対するPCIの非劣性は証明できず、SYNTAX試験の画像

ログインして全文を読む