従来治療で改善せず移植待機中だった難治性の肺動脈性肺高血圧症(PAH)患者に、分子標的薬イマチニブ(商品名:グリベック)を投与したところ、著明な改善が得られたと、国立病院機構岡山医療センター(岡山市)循環器科の宮地克維氏が第56回日本心臓病学会学術集会(9月8〜10日、東京)で発表した。

難治性肺高血圧症に分子標的薬イマチニブが奏効の画像

ログインして全文を読む