ACC/AHA(米国心臓学会/米国心臓協会)のガイドライン改訂委員会は、心臓弁膜症(以下、VHD)2006年版ガイドラインにある感染性心内膜炎(IE)の予防策の部分を改訂し、歯科処置のための抗菌薬の予防的投与は特定の患者のみに限定すると勧告。8月19日付けのJournal of American College of Cardiology誌に改訂部分を発表した。

ACC/AHA心臓弁膜症ガイドライン、大幅改訂されるの画像

ログインして全文を読む