パクリタキセル溶出ステント「TAXUS Express2」の、市販後臨床試験(PMS)のイニシャルデータが発表された。試験の統括医を務める東邦大循環器内科准教授の中村正人氏は「(シロリムス溶出ステントである)CypherのPMSデータとの比較などから、今後、さまざまな知見が得られるはず」と期待している。

TAXUSステント、日本のPMSイニシャルデータ明らかにの画像

ログインして全文を読む