慢性心不全患者の中枢型睡眠時無呼吸(CSA)にβ遮断薬のカルベジロールが有効である可能性が示された。大分大学第二内科の田村彰氏が第72回日本循環器学会総会・学術集会で発表した。

ログインして全文を読む