総合医学論文誌The New England Journal of Medicine誌は今年4月から5月にかけて、同誌のWebサイト上で症例を呈示し、内科的治療、頸動脈ステント、頸動脈内膜切除術(外科治療)の3つのうち、どの治療方針を採用するかについて読者投票を実施した。投票結果のほか、回答と共に寄せられたコメントのレビュー記事がサイト上に掲載されている。

頸動脈狭窄の治療戦略、ベストプラクティスは?の画像

ログインして全文を読む