今回の米国糖尿病学会(ADA、米国サンフランシスコ、6月6〜10日)で最も注目を集めたのが、厳格な血糖管理が心血管イベントの抑制につながるかを検証したADVANCE試験といえるだろう。「同様なコンセプトで行われた3つの試験が今回発表されるが、私たちの試験の最終結果を一番最初に報告できることはとても名誉なことだ」――。ADVANCE試験のディレクターである、オーストラリア・シドニー大学付属ロイヤルプリンスアルフレッド病院のAnushka A.Patel氏は、学会初日の記者会見でこう話し始めた。

血糖厳格管理で大血管リスクは有意減少せず、ADVANCEの画像

ログインして全文を読む