SYNTAX試験に登録された1800例の被験者から得られた2年目のデータは、複雑な冠病変の治療に対しては冠動脈バイパス術(CAGB)の方が薬剤溶出ステント(TAXUSステント)留置術よりも優れるとした1年前の結論を再確認するものだった。

ログインして全文を読む