心房細動の発症はコーヒー摂取と関連している可能性があるという。イタリア・モデナ大学のAnna Vittoria Mattiolo氏は、「イタリアの心房細動患者はコーヒーからのカフェイン摂取量が多く、心疾患予防に効果的な地中海食の習慣を維持している割合が低い」と、第31回欧州心臓病学会(ESC2009)の記者会見で語った。

ログインして全文を読む