新たな研究から、糖尿病患者が白内障の治療として水晶体超音波乳化吸引術を受けると、網膜に栄養を送る毛細血管へのダメージにより視力が悪化するリスクが2倍に高まることが示された。Ophtahlmology誌8月1日号に、シドニー大学のJie Jin Wang氏らが発表した。

ログインして全文を読む