長時間の移動を伴う旅行は、静脈血栓塞栓症 (VTE)のリスクを3倍に高めることが分かった。さらに、旅行とVETリスクの間には「用量依存性」があり、どのような手段であっても移動にかかる時間が2時間長くなるごとにVTEリスクが18%上昇することを、米ハーバード大学のDivay Chandra氏らがAnnals of Internal Medicine誌オンライン版に発表した。

ログインして全文を読む