救急部門において、心電図では診断がつかなかった心臓性胸痛の疑いがある症例に対し、ベッドサイドでの心エコー検査を加えて、4つの危険因子の評価を行うことで、正確に患者のリスクを階層化できることが分かった。

ログインして全文を読む