ボストン、5月15日 – 進行した心不全の患者を除けば、植え込み型除細動器(ICD)は患者にとって持続的かつ確実な利益をもたらすと、8年間の追跡調査結果を研究者らが報告した。

ログインして全文を読む