心不全患者でも運動は心血管疾患に対して有益であるとする、さらなるエビデンスを研究者は見いだした。EuroPRevent2009で発表された3つの試験から、冠動脈バイパス術後、安定した冠動脈疾患や心不全における心疾患の指標が、運動によって改善することが明らかになった。

ログインして全文を読む