米マサチューセッツ州における研究によると、所得が低い地区に住む小児心移植患者の転帰は裕福な地区に住む患者よりも悪く、延命効果が低いほか生着不全になるまでの期間も短いことが分かった。

ログインして全文を読む