発売から既に50年が経過したβ遮断薬のプロプラノロールだが、血管腫という思いもよらない疾患を治療できることが分かった。血管腫は新生児の最大10%に生じ、ときに容姿を損なう疾患である。

ログインして全文を読む