ファストフード店の密集度が最も高い地区に住んでいる人は、最も低い地区に住んでいる人よりも脳卒中のリスクが13%高かったと、米ミシガン大のLewis B. Morgenstern氏らが米国脳卒中協会(ASA)主催のInternational Stroke Conference2009で発表した。

ログインして全文を読む