組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)と合わせて、マイクロバブル造影剤を投与して超音波で刺激することにより、急性虚血性脳卒中の再疎通が早まり、回復を促進できることが明らかになった。

ログインして全文を読む