心臓外科医とインターベンションを行う循環器内科医の間で、SYNTAX試験の解釈についての議論が再燃している。この試験は最初に昨年秋のミュンヘンで行われた欧州心臓学会で報告され、論文も今年になりN Engl J Med誌に掲載された。複雑病変に対するPCIとCABGとの比較において、心臓外科医、インターベンション医どちらも、試験の部分的勝利を主張していた。

ログインして全文を読む