米食品医薬品局(FDA)は、遺伝子組み換え動物から製造した医薬品を承認したと発表した。これは、先天性アンチトロンビン欠損症患者における血栓塞栓性イベントの予防を目的としたアンチトロンビンα(商品名ATryn、本邦未発売)で、遺伝子組み換えヤギの乳汁から抽出精製される。2009年第2四半期に市販が予定されている。

ログインして全文を読む