4万8669例のオンポンプCABG(冠動脈バイパス術)手術症例と1万4392例のオフポンプ手術症例の予後を解析した結果、死亡率および脳卒中発症率は同程度であることが明らかとなった。一方、オフポンプ手術例の方が入院期間が長いと報告された。

ログインして全文を読む