米食品医薬品局(FDA)は、一部の患者でクロピドグレルの抗血小板作用が減弱することに関して検討を開始すると発表した。FDAによると、この検討はsanofi-aventis社およびBristol-Myers Squibb社と共同で実施するもので、クロピドグレルに対する抵抗性の原因が、遺伝的要因なのか、プロトンポンプ阻害薬(PPI)との相互作用なのか、またはその両者も関与しているのかを検討する

ログインして全文を読む