新しい世代の経口ホルモン避妊薬では、以前の高用量製剤よりも心血管リスクが改善されてきた。J Am Coll Cardiol誌2009年1月20日号に掲載されたレビューによると、第3世代経口避妊薬はそれ以前の薬剤と比較して、男性ホルモン様および代謝への副作用が少なく、心筋梗塞のリスクがなく、静脈血栓塞栓のリスクが減少しているという。

ログインして全文を読む